2004年 12月 21日

国旗と国歌そして石原慎太郎

  强迫师生向国旗和国歌致敬 石原慎太郎成被告
 (教師と生徒に国旗と国歌への敬礼を強制 石原慎太郎が被告に)


  由于强迫公立学校的师生向被军国主义历史玷污的国旗和国歌致敬,本月20日,日本64名教师和和平人士一纸诉状将东京都知事石原慎太郎和其他两名官员一起告上了法庭。
 (公立学校の教師と生徒に軍国主義の歴史に汚された国旗と国歌への敬礼を強制したため、今月20日、教師と平和主義者64名が石原慎太郎東京都知事と2人の官僚を告訴した。)
 おまえらなぁ、「軍国主義の歴史に汚された国旗と国歌」って何だその言いがかりは。ちなみに中国人に「軍国主義を定義せよ」と言ってみると面白いです。私はまだ答えられる人に出会ったことがありませんのでアルヨ。
 教師は「ファシスト」の下で働くのがいやなら辞めたらどうですか。平和主義者ってのはなんだか胡散臭そうです。「殴られても殴り返すな」ってのが主張だったら今度殴ってあげましょう。

 国際派日本人養成講座のイギリス病を克服した教育改革は必読です。読んだあとは、知り合いにも紹介してください。
 1944年教育法には3つの柱があった。すなわち「児童の権利を尊重する人権教育の推進」「イギリス帝国主義批判の歴史教育の推進」「教師の自主性を尊重する教育行政の確立」である。
 「イギリス帝国主義」を「日本軍国主義」に置き換えれば、これは日教組の活動方針そのままである。

 この忌まわしい状況をイギリスは克服した、というすばらしい記事です。日本もぜひ見習ってほしいです。ちなみに宣戦布告というのが石原氏の公式ウェブサイトです。なかなか楽しめます。

  现年72岁的石原慎太郎自去年参选连任东京都知事后,在东京全面强化实施爱国教育,发誓“要以东京改变日本”。为此,东京全部公立学校都必须在入学、毕业以及其他重要仪式时唱国歌,还要在校园正前方升国旗。为了打消东京公立学校师生的反对,迄今已经有近250名教师因为在升国旗的过程中没有唱国歌而受到惩罚。
 (現在72歳の石原慎太郎は去年東京都知事に再選した後、東京で全面的に愛国教育を行い、「東京から日本を変える」とのスローガンを打ち出した。東京全ての効率学校では入学式、卒業式その他の重要な式典で国歌を歌い、キャンパスで国旗を掲揚しなければならなくなった。教師や生徒の反対を押し切るため、これまでに250名近くの教師が処罰を受けている。)
 中国ではもっと露骨な「愛国運動」が行われています。日本はまだまだだ、という論評があってもよさそうだけど?中国は愛国でなければならず、日本は愛国ではいけない、というダブルスタンダードですか?頭悪すぎ。

  日本的国旗“日之丸”和国歌“君之代”都是为了歌颂日本天皇永久统治的。当年日本军队对亚洲各国的侵略,就是在“日之丸”和“君之代”的带领下进行的。
 (日本の国旗「日の丸」と国歌「君が代」は日本の天皇が永久に統治することを詠ったものだ。日本軍がアジア各国を侵略したのもこの「日の丸」と「君が代」に率いられての行いだ。)
 「統治」ってなに?定義したまえ。イギリス、フランス、アメリカその他の列強の国旗や国歌にも同じように文句をつけたまえ。ダブルスタンダードはもう結構です。

 日本のみなさん、ここまで理不尽な記述が、継続して、ほとんどの日本人の目に映ることなく、中国共産党の指導の下に(とはいっても江沢民のこと)行われてきたんです。中国共産党(何度も言ってますが、党>国)や中国のマスコミは日本の世論のことなんてこれっぽっちも考慮に入れてません。
 翻って日本のマスコミを見てください。日本としての主張をする前に、中国におもねり、韓国の顔色を伺い、挙句の果てに日本が不利になるような操作まで行ってるんです。
 学校教育とマスコミにより、「反日日本人」が作り出されています。実は私もそのうちの一人だったんです。親は政治の話を一切しなかったため、親とは関係ありません。「日本は最低の国だ」とのコンプレックスから「反日」になってしまいました。そこから抜け出せたのは、インターネット上の情報のおかげだとおもいます。
 今は日本に、そして日本人として誇りを持てるようになりました。中国人から理不尽な言いがかりをつけられても動じることなく、正々堂々と、自信を持って、相手の誤りを正し、自分の主張ができるようになりました。

 「愛国主義」に反射的に反発する人が多いのは日本とイギリス、あとはどこでしょう?あ、でもイギリスはもう克服したんだ。日本はいつになることやら。がんばれ日本!

興味深かったらこちらへ
元記事はこちら
[PR]

by wowow_turk | 2004-12-21 18:00 | 中国のニュース


<< 2004年12月22日ダイジェスト      2004年12月20日ダイジェスト >>