2004年 12月 12日

2004年12月12日ダイジェスト


(日本が仮想敵国を明確化 中国と朝鮮)
 上海オンラインのトップニュースですが、当然の内容です。「日本が悪い」という報道をする前に、中国が日本の領海を侵犯したことをしっかり報道し、その行為を反省しなさい。

联想收购案难解资金谜局:11.5亿美元倾囊所有
(lenovo買収案の資金繰りに疑問 11.5億米ドルは所有現金の全額)
 IBMを買収することで、新しいことをする資金がなくなる、ということです。なんとなくウェブサイトをのぞいてみたら文字化け。で、ソースを見てみたらなんとcharsetさえ指定されてませんでした。うげ、こんな会社の製品は絶対買わないぞ、と心に決めつつ外国の反応をちょっと調べてみたら、「中国製のコンピュータなんか誰が買うんだ?」というような反応が多かったです。さもありなん。

日教师猥亵行为再创纪录 去年受处分教师196人
(日本の教師の猥褻行為が記録更新 去年処分を受けた教師が196人に)
 日本人の変体ぶりは世界でも有名ですからね。

广州新机场的哥保安摩擦 部分的士停运4小时
(広州新空港でタクシーの運転手と警備員が衝突 一部のタクシーは4時間も営業停止)

 このところ中国各地でデモやスト、さらには暴動が多く発生していますが、中国では報道されません。興味がある人は、日々是チナヲチ。をチェックしましょう。共産党の力が弱まってきているということです。


村里"大仙" 看病火过医生 家长让孩子给其下跪

(村の「仙人」は医者よりも人気 親が「仙人」の前で子供をひざまづかせる)

 中国共産党は「迷信」を排除し「科学」を推進してきたわけですが、共産党の大きな支持勢力のはずの農村でこんなことが起きているわけで、ここでも共産党の力が弱まってきているということを物語っています。
[PR]

by wowow_turk | 2004-12-12 17:54 | 中国のニュース


<< 2004年12月13日ダイジェスト      上海と肺癌の関係 >>