うねり

uneri.exblog.jp
ブログトップ
2004年 12月 05日

太田市の産休

 タイトルをどうぞ
  日本强迫男人休产假 可以在家呆40天薪水照拿
 (日本が男性を強制産休に 40日の有給休暇)

  为了改善日本年轻夫妇中生育率逐年下降的问题,日本太田市新上任的政府想出了一个绝招:强迫太田市内的工作的男性在自己小孩出生第一年中,在家中呆满40天,好好了解自己的宝宝,并和他们建立起亲密关系。
 (毎年低下しつつある日本の若い夫婦の出生率を改善するため、日本太田市政府が必殺技を考案した。太田市内で働く男性に、子供が生まれてから1年の間に、40日間を家庭で過ごし、自分の赤ちゃんを理解し、親密な関係を築くことを強制する。)

  太田市政府规定,为了不影响工作,年轻爸爸们必须分期休完长假,每次时间不能超过一个星期。如果你认为这是一个放松身心的好机会,那就大错特错了,这些爸爸们可是肩负重任,不能偷懒。因为在返回工作岗位之后,他们必须递交一份报告,将自己如何利用时间,对自己在家庭中地位的感想等问题一五一十地记录下来。除此之外,他们还要向同事们“传授”自己学到的育儿经验。
 (大田市政府は仕事に影響を及ぼさないため、父親は休暇を分けて取らねばならず、連続の休暇は1週間を超えてはならない、と規定する。もしあなたが、これならゆっくり休めていいな、とおもったら大間違い。お父さんたちは重大な責任を背負っていて、怠けることはできない。会社に戻った後、お父さんたちはレポートの提出を求められ、どのように休暇を使ったか、家庭での地位に関する感想などを細かに記録しなければならない。このほか、同僚に自分の育児経験を教えることも必要だ。)
 はははっはは、座布団2枚だ、太田市。ところで、太田市ってどこ?

  其实日本法律中也有关于男性休“产假”的规定:法律允许男性在孩子出生之后享受长达1年的假期。但问题是,休“产假”的男士们只能拿到平时薪水的一小部分。这就使很多在家里充当“经济支柱”角色的爸爸们“望假兴叹”。日本厚生劳动省的统计数字显示,去年一年,只有0.4%的新爸爸们享受了全部或部分假期。
 (実は日本の法律でも男性の産休についての規定がある。法律上は子供が生まれてから1年間に渡り長期産休を取ることができる。ただし、産休を取った場合、給料の本の一部分しかもらえない。したがって「一家の大柱」である男性は指をくわえてみているしかない。日本厚生労働省のデータによると、去年一年間に産休を取った男性はわずかに0.4%だ。)

  不过太田市的新爸爸们完全不用为薪水发愁,太田市政府在制定政策时考虑到了他们的担忧,并给予他们带薪休假的权利。
 (ただし、太田市のお父さんたちは給料について悩む必要は全くない。太田市はこの悩みに注目し、有給産休という制度を打ち出した。)

 日本でも大きなニュースになってるのかなぁ。

興味深かったらこちらへ
元記事はこちら
[PR]

by wowow_turk | 2004-12-05 17:46 | 中国のニュース


<< 2004年12月6日ダイジェスト      見掛け倒しの政府ウェブサイト >>