うねり

uneri.exblog.jp
ブログトップ
2004年 12月 02日

シベリアのガスパイプ競争

  中日石油管线之争日本可能胜出安纳线造价60亿
 (日中のガスパイプライン競争 日本が勝利へ希望大 予算は60億)

  争夺长达2700公里穿越西伯利亚平原的油气管道铺设权,日本增加了胜算,中国则可能出局。现在东京面对的新挑战是:为这个浩大工程的巨额开支埋单。
 (2700キロメートルに渡ってシベリアをつなぎ通すガスパイプの設置権利の競争で、日本が獲得し、中国は退出の見込みが強まった。これから東京が迎え撃つ挑戦は、この大規模工事への巨額の支払だ。)

  日本用他们厚实的钱包为莫斯科提供了一份甜心合同。该项目将是日本最大的政府出资海外项目,日本方面计划提供的资金,不只是管道建设,还包括在可能的蕴藏地区-未被开发的东西伯利亚石油区勘探石油的支出。据专家估计,那里蕴藏有至少200亿桶石油。
 (日本はその豊富な資金を入れた財布からモスクワにおいしい契約を持ち込んだ。このプロジェクトは、政府が出資する日本最大の海外プロジェクトとなり、日本側が提供する予定の資金は、パイプ建設のみならず、未開発地域である東シベリアでの石油地域探索費用をも盛り込んでいる。専門家によると、少なくとも200億ガロンの石油が埋蔵しているという。)

  与此同时,日本的计划还将管道控制权完全留给俄罗斯,俄罗斯因此不必非得将石油卖给日本。按计划,管道在西伯利亚的Baikal湖蜿蜒之后,终点靠近俄罗斯太平洋海港Nakhod-ka(即“安纳线”)。其他国家将仍然可以在公开市场上买到这些石油。
 (さらに日本のプロジェクトではパイプの制御権利は完全にロシアに渡され、日本に販売しなくてもかまわない。計画によれば、シベリアのバイカル湖からくねくねと伸び、終点はロシアの太平洋側の港であるNakhodkaとなる。他の国は国際マーケットからこの石油を買うことができるようになる。)

  相比较而言,中国的方案仅仅是为部分计划内的管线建设埋单,而这些路线将直通中国城市大庆。至于中国领土内的油管将为中国所有,所产石油也将只供应唯一客户中国。
 これに比較すると、中国の方案はガスパイプの一部分を負担するだけで、しかもこれらのガスパイプは中国の大慶に直通する。そして中国国内のガスパイプは中国による所有となり、運ばれる石油も中国のみに提供される予定だった。

 60億ドルとも160億ドルとも見積もられる費用については
  东京政府坚持说,出于战略考虑,回答是YES。日本的石油90%从中东进口。“出于能源安全需要优先考虑该项目,至于开支则是次要考虑的因素,”日本能源经济研究所的执行负责人说。
 (東京政府は毅然とした態度で次のように述べた。戦略的考察から、答えはyesだ。日本の石油は90%が中東からの輸入に頼っている。「エネルギーの安定という面からこのプロジェクトは優先項目であり、その費用は二次的な要素に過ぎない」と日本エネルギー経済研究所の責任者が述べた。)

 でもこれだけの巨額の支払にはリスクが伴うのでは、という疑問への答えは
  据日本银行和政府官员们说,很可能的情况是,在没有俄罗斯政府的担保的前提下,贷款将以石油销售款予以偿还。这就意味着,一旦西西伯利亚的石油储量比预计的小,或者一旦证实该石油管线无利可图时,日本政府将中止支付账单。为了分担风险,日本官员们说,只要石油流向太平洋,他们将欢迎大型的外国公司。
 (日本銀行と政府筋によると、ロシア政府の保証がない場合、費用は石油の売り上げから返済されることになるという。これは、もしシベリアの石油貯蓄量が予想を大幅に下回るか、あるいはガスパイプが利益をもたらさないと判断されたときには、日本政府は返済を中止することを意味する。日本の政府筋はさらに、石油が太平洋に流れさえすれば、彼らは自分のリスクを低減させるために、外国の企業を喜んで迎え入れるだろう、と話した。)

 このプロジェクトが動いたとしても、私には何の直接の利益はありません。が、見てください、日本が大きな視点に立って、雄大なプロジェクトを手がけ、その結果、ケツの穴の小さい中国のプロジェクトを打ち負かそうとしているんです。久しぶりに気分がすっきりしました。日本の政府も捨てたもんじゃないです!

 がんばれ日本!

興味深かったらこちらへ
元記事はこちら
[PR]

by wowow_turk | 2004-12-02 17:45 | 中国のニュース


<< 2004年12月3日ダイジェスト      外交部「対中ODAはお情けじゃない」 >>