2004年 12月 01日

外交部「対中ODAはお情けじゃない」

 ニュースのタイトルを
  中国外交部:日本对华经援并不是单方面的施舍
 (中国外交部 日本の対中ODAは一方的なお情けじゃない)
 「施舍」というのはお布施のことで、例えば乞食にお金をあげることも「施舍」と呼ばれます。

 この記事は短く、見るべきことは下の一段のみです
  章启月还说,中方在这个问题上的立场非常清楚。在过去这些年里,日本对华经援对中国经济的发展起到了一定的积极作用,中方对此多次予以积极评价。但要指出的是,以日元贷款为主体的援助促进了中日间经济合作的迅速发展,这种合作也给日本企业带来很多好处。因此,对华经援并不是单方面的施舍。
 (章啓月は続けて言う。中国のこの問題に関する立場ははっきりしている。過去のこの若干年の間に、日本の対中ODAが中国経済の発展にある一定のプラスの作用をもたらしたことは、中国は多くの場で評価を与えてきた。ただしここで指摘すべきことは、日本円による借款を主体とした援助は日中間の経済協力を急速に発展させてきたので、このような協力には日本の企業へも多くの利益をもたらしたということです。したがって対中ODAは一方的なお情けではないといえます。)
 「多くの場で評価を与えてきた」ってどこで?反日を煽る報道はいっくらでもやってきて、それを知らない漢人なんていないほどだけど、日本対中ODAのことを知ってる人なんて「万に一」だってば。しかも感謝の言葉一つもないんだからね。

 対中ODA 卒業おめでとうに書いたことをもう一度。「日本の対中ODAは1979年に始まり、それから日本はずっと中国最大の経済援助国となった。」

 中国最大の経済援助国に対して感謝の一言も言わず、国民に知らしめることさえせず、ことあるごとにいわれのない謝罪を要求してくる中国。日本の政府もこのふてぶてしさを少しは見習ってくれ。中国より使えるカードが多いんだから、残るはテクニックを磨くだけだ。

興味深かったらこちらへ
元記事はこちら
[PR]

by wowow_turk | 2004-12-01 17:45 | 中国のニュース


<< 2004年12月2日ダイジェスト      2004年12月1日ダイジェスト >>