2004年 11月 29日

対中ODA 卒業おめでとう

 タイトルです
  日本首相小泉表示日本将彻底停止对华经济援助
 (小泉日本首相 日本はいずれ対中ODAを完全にストップ)
 当たり前の話です。

 小泉首相の言葉がありました
  “(对华ODA)已经到了该毕业的时候。中国经济现在发展顺畅,我希望中国早日成为对华ODA的毕业生。”
 (「(対中ODAはそろそろ卒業の時が来ています。中国経済は順調に発展しています。中国が一日も早く対中ODAの卒業生になることを期待しています。)」)
 日本が校長で、中国が生徒、という図式ですね。この言葉だけで、小泉首相に好感が持てるのはなぜ?日本のどっかの党首みたいに、兄の会社が中国から優遇措置を受けるために中国にゴマを念入りにすっているのとは大違いだ。

  日本对华经济援助(ODA)开始于1979年,此后日本一直是中国的最大经济援助国。然而进入90年代,日本开始全面调整其ODA政策。2000年,日本开始大幅削减对华ODA额度,并且取消了对中国的资金优惠划拨方式。日本国内有关停止对华ODA的声音也越来越强。本月,日本参议院汇总的一份报告中再次提出没必要继续对中国进行经济援助,外相町村信孝也在此后的谈话中表明了今后将停止对华ODA的想法。
 (日本の対中ODAは1979年に始まり、それから日本はずっと中国最大の経済援助国となった。しかし90年代に入り、日本はODA政策を調整し始めた。2000年に日本は対中ODAの金額を大幅に削減し、中国への資金に対する優遇措置を取り消した。日本国内では対中ODA停止の要求が強まっている。今月、日本参議院がまとめた報告で対中ODAの必要性が再び否定され、町村信孝外相も談話の中で対中ODAを停止する考えを示していた。)
  「日本の対中ODAは1979年に始まり、それから日本はずっと中国最大の経済援助国となった。」というのを覚えておきましょう。そして恩知らずの中国人に教えてあげましょう。

 それにしても中国ってひどい国だよ。今まではずっと国民に隠しておいて、終わるころになってようやく発表するんだから。中国へのODAは卒業?に書いたことを引っ張ってくると日本の援助を受けていることはあまりおおっぴらにしたくないはずですが、めずらしくこんなにすばやくニュースになっていました。打ち切られるのがいやだからニュースにして、世論に訴える作戦なんだといううがった見方もできますが。というより、「日本がODAを停止するのが悪」という印象を植え付けるためなんだろうな。

興味深かったらこちらへ
元記事はこちら
[PR]

by wowow_turk | 2004-11-29 17:40 | 中国のニュース


<< 2004年11月30日ダイジェスト      日本の右翼を欠席審判 >>