2004年 11月 24日

マクドナルドと国家

 タイトルからどうぞ
  麦当劳官方网站将香港台湾分别列为国家(图)
 (マクドナルドのウェブサイト 香港台湾が「国家」に(画像))
 ではその画像を見てみましょう


 キャプションは麦当劳的英文官方网站中,在Select country(选择国家)一栏中没有“China”(中国);但竟然有“Tai wan”(台湾)和“Hong kong”(香港)。(マクドナルドの英語版のサイトに、Select country(国を選択)というメニューがあり、そこには「China」(中国)はない;しかしなんと「Tai wan」(台湾)と「Hong kong」(香港)がある。)

  就“Country”一词的确切含义,北京外国语大学大学英语部的教师程锦告诉记者,“Country”只能用于表示有主权的国家,中国香港和台湾不能用“Country”,这是一个很简单的常识问题。
 (北京外国語大学大学英語部の教師程錦が「Country」の的確な意味を記者に伝えたところによると、「Country」は主権がある国家にしか用いることはできず、中国香港や台湾には使うことができないのは常識である。)
 常識ですか。でも常識からすると、パスポートを持ってイミグレを通らなきゃダメなのは普通は国と国の間だとおもうぞ。さらに言うと、郵便局に張ってある料金一覧は三つに分かれていて、「国内」「香港・マカオ・台湾」「外国」となってるけど、この書き方からすると「香港・マカオ・台湾」は少なくとも「国内」ではないはずだぞ。

 マクドナルドを問題にする前に、自分たちの郵便局に抗議しなさい。

興味深かったらこちらへ
元記事はこちら
[PR]

by wowow_turk | 2004-11-24 17:36 | 中国のニュース


<< 歴史を反省しない日本に親近感なし      外交部が日中首脳会談について質疑応答 >>