2004年 11月 11日

「一国二制」

 ニュースのタイトルから
  香港与内地司法界交流有利于维护“一国两制”
 香港と内地の司法界の交流が「一国二制」の維持に貢献
 「一国二制」というのは、二つの異なる政治体系を無理やり一つの国の中に収めることを言います。中国共産党は政治的理念をもっとも重視するはずなのに、別の体系を包括するというのは、おかしな話です。台湾の問題も同じですが、ここでは政治よりも「血は水よりも濃い」という漢人の統一を目指しているようにみえます。それだったらウイグル自治区は勘弁してよ、となるわけですが、それは中国の一貫した侵略の方法、漢人を送り込むやりかたを何十年も前から行い、ウルムチの漢人の人口はとっくにウイグル人を超えてるわけです。
 実は漢人を送り込むやり方は中国国内に限りません。合法非法を問わず、外国にもどんどん漢人を送り込んでいます。この流れを表すように、共産党の党規では「中国国民を守る」という言葉を「華人を守る」にわざわざ変更しましたね。中国の女性がグルジアで強盗の被害から引用すると、最近は「華人」というごまかしの言葉が流行ですが、本質は「漢人」です。
 だからウイグル人が、同じような言葉を話すカザフスタンなど旧ソ連に属した中央アジアの国や遠くはトルコなどに親近感を持つのも当然だし、沿岸地域にやってきてスリを働くのも「憎き漢人に報復」という意味合いもあるわけです。皆さんスリには気をつけましょう。

  李国能在欢迎肖扬率领的内地司法代表团的酒会上说,香港回归以来,落实了“一国两制”、“港人治港”、高度自治。他说,虽然香港和内地实行不同的司法制度,但是互相交流、沟通和了解是十分重要的。
 李国能香港終審法院主席は肖揚最高人民法院院長が率いる内地の司法代表団を招待した歓迎会で、香港が祖国に回帰して以来、「一国二制」と「香港人による自治」を推し進め、高度の自治を確立し、香港と内地では司法制度が異なるが、交流を深め、話し合い、互いに理解することが大切だ、と述べた。
 「祖国に回帰し」たのになんで中国と香港の間でパスポートが必要なんでしょうか?しかも香港人はパスポートでなくIDカードで行ったり来たりできるのに、内地人はいまだにパスポートのほかに通行証が必要で、しかもその通行証さえも自由に申請することができないなんていったいどういうことでしょう。不公平なこと極まりないんですが。

  肖扬表示,香港有很好的法治传统,有很好的法治环境,有成熟的法律和司法制度,有一大批高素质的法官、律师和法律专家。他们是法治香港的脊梁,是联系香港实际解决社会难题的重要力量。相信各位法律界的同仁一定会严格按照基本法的原则,发挥自已的聪明才智,处理好香港内部事务,维护香港的长期繁荣和稳定。
 肖揚最高人民法院院長の言葉。香港には法治のよき伝統と環境をもち、成熟した法律と司法制度が整備され、裁判官と検察官それに法律コンサルタントのレベルが高い。これらが香港の法治の根本で、社会問題を実際に解決するための大きな力となっている。法律界のみなさんが基本法の原則を忠実に遵守し、それぞれの能力を発揮し、香港内部の事柄をよきように処理し、香港の長期にわたる繁栄と安定を維持することと信じている。

  据了解,自香港回归以来,香港司法机构已接待了53个来自内地法院和法官协会的访问团,成员达750多位。同时,有120多位香港法官参加了清华大学的培训课程,并参观了内地的法院。
 一説によると、香港が祖国に回帰してからこれまで、香港の司法機関はすでに内地からの訪問団を53回受け入れ、人数も750名を超えている。そして120名を超える香港の裁判官が清華大学のトレーニングコースに参加し、内地の裁判所を見学している。

興味深かったらこちらへ
元記事はこちら
[PR]

by wowow_turk | 2004-11-11 17:26 | 中国のニュース


<< 潜水艦事件に関しての報道      韓国「行政特別市」を建設へ >>