2004年 11月 02日

上海武装警察の禁止令

 武装警察ってのは簡単に言うと合法的なやくざです。中国のパトカーや白バイは普段から赤信号無視は朝飯前ですが、普通の警察が怖くて手も出せないのが武装警察です。
 ではニュースのタイトルから
  武警上海总队昨对干部下达了一项“十不准”令
 武装警察上海総本部が昨日「十の禁止令」を幹部に伝えた
 さてさて、どんな禁止令か楽しみです。

  “十不准”令的主要内容是:不准放宽条件、降低标准,将不合格青年接入部队;不准将青年从户口所在地以外的地区接入部队或多接、少接新兵;不准为不合格青年入伍说情或向地方兵役机关施加压力;不准巧立名目向应征青年及其家长收取费用;不准利用接兵工作以权谋私,吃请受礼,索贿受贿;不准让应征青年及其家长购买物品、提供交通和通信工具、安排食宿和游览;不准克扣新兵运输途中的伙食费或让新兵垫支经费开支;不准进入歌舞厅、夜总会、发廊、桑拿等营业性娱乐场所;不准在住所约见应征青年及其家属。
 「十の禁止令」の主な内容は以下。条件を軽くし、基準を下げ、不合格の者を部隊に入れてはならない。戸籍所在地以外の地区の部隊へ入れたり規定の人数と異なる人数を入れてはならない。不合格の者のために陳情したり関係機関に圧力をかけてはならない。入隊を申請した人あるいはその親からいかなる名目でも費用を請求してはならない。人事権を私的に利用して接待を受けたり、贈り物や賄賂を受け取ってはならない。入隊を申請した人あるいはその親に自動車や携帯電話などの物を買わせたり、旅行に招待させたりしてはならない。移動中に新兵から食費を徴収したり、新兵に費用の立替をさせていけない。ディスコ、クラブ、キャバレー、サウナなどの娯楽施設に入ってはいけない。入隊を申請した人や家族を自宅に招待してはいけない。
 このような禁止令が出たということは、これらの行為が普遍的になされているということを意味します。中国では賄賂はどこにでも存在しますが、上海は特にひどいです。例えば広東省では考えられないような人から賄賂の要求が出てきます。

 これは台湾の友人から聞いた話ですが、武装警察に出動してもらうための相場は15000元だとのこと。15000元はざっと20万円。これで「合法的に」だれかを「こらしめる」ことができます。上海でこの値段ですから、他の地方ではもっと安いでしょう。皆さん、恨みを買わないように気をつけましょう。

興味深かったらこちらへ
元記事はこちら
[PR]

by wowow_turk | 2004-11-02 17:20 | 中国のニュース


<< イラクでの人質に冷たい日本人      中国の都市ランキング:上海がトップ >>