うねり

uneri.exblog.jp
ブログトップ
2004年 10月 29日

続報:日本人が首都空港で職員を殴打

 昨日日本人が首都空港で職員を殴打というニュースを紹介した最後にこの暴挙を罰金なんかで済ませたら、それこそ中国の尊厳に関わりますぜ。この大馬鹿野郎がどうなったか続報がほしいところだと書いたら、早速続報がありました。
 まずはニュースのタイトルから
  一日本人打安检员追踪:罚款+悔过书+精神赔偿
 日本人が職員を殴打した事件の続報 罰金+反省書+賠償
 ありゃありゃ、これまた軽く済ませましたね。罰金じゃなく監獄にちょっとでもぶち込んだ方がいいのに。反省書なんて屁の役にも立たないって。

 この大馬鹿野郎が何をしたかは昨日の分を見てもらうことにして、結論を
  在这名日本旅客的要求下,负责此案的民警还与日本大使馆取得联系,大使馆方面通过电话,对他进行了严厉批评。最后,这名日本旅客承认了侮辱安检工作人员的错误行为,对当事人赔礼道歉,并进行了精神赔偿。公安机关责令其写出悔过书,并根据《治安管理条理》,对其进行了治安罚款的处罚,警棍予以没收。
 この日本人観光客から要求があり、この件を担当した警官は日本大使館にも連絡を取った。大使館側は電話を通じ、この日本人に厳しく説教をすると、この日本人観光客は職員を侮辱した過ちを認め、職員に謝罪し賠償金を支払うことを受け入れた。公安側は日本人に反省書を書くことを命令し、かつ《治安管理規定》に則り罰金を課し、警棒を没収した。
 「厳しく説教」と「反省書」というくだりには笑った。「厳しく説教」なんて日本大使館がするわけないし、「反省書」なんてのは何の効力も持たないからね。
 この甘い処分の仕方は、中国人が外国人に接するときの腰砕けの典型的な例だ。これに関しては言いたいことが山とあるけど、とりあえず置いといて別の機会にでも話しましょう。

興味深かったらこちらへ
元記事はこちら
[PR]

by wowow_turk | 2004-10-29 17:18 | 中国のニュース


<< 東シナ海問題に関して日本のマス...      日本人が首都空港で職員を殴打 >>