2004年 10月 26日

東シナ海の問題

 ニュースのタイトルから
  中日举行东海问题磋商 同意继续对话解决纠纷
  日中で東シナ海問題について話し合い 対話を続け問題の解決へ
 この語気の弱さはなんでしょう。尖閣諸島が中国の領土だと主張するときにはこの弱さはありえませんね。とすると自分の分が悪いということを知ってるか、あるいは別の作戦がある、と推測できます。

  以外交部亚洲司司长崔天凯为团长的中方代表团和以日本外务省亚大局局长薮中三十二为团长的日方代表团25日在北京举行东海问题磋商。
 外交部アジア部の部長である崔天凱を団長とする中国の代表団と日本アジア大洋州局局長である薮中三十二を団長とする日本の代表団が北京で東シナ海の問題について話し合う。
 薮中さん、東シナ海の権益について主張すべきことを主張するのは単に及第ラインにすぎません。ODAや日本大使の自動車が襲われたこと、さらには大使館の領地に中国の警察が侵入したことなど、交渉を有利に進めるために使える材料が山盛りです。靖国神社参拝や謝罪などについて難癖をつけられても決して屈せず、毅然とした態度を示しましょう。

  双方阐述了各自在东海划界问题上的立场和关切,认为中日尚未就东海进行划界,两国在划界问题上存在分歧,应根据《联合国海洋法公约》,通过谈判求得公平解决。对于目前中日围绕油气勘探开发出现的纠纷,双方同意继续通过磋商和对话寻求解决。
 双方はすでにそれぞれが東シナ海の排他的経済水域についての立場を表明したが、意見に食い違いがある。そして《国連海洋法条約》に則り、話し合いを通じ解決を図る。日中間の石油調査と開発に関する紛糾に関し、双方が話し合いを続け解決の方法を求めることで同意している。
 話し合いを続ける、といいつつも実際には進展する中国の東シナ海石油開発と海洋調査から引くと1996年7月20日、日本政府は国連海洋法条約を批准し(7月20日発効)、それに基づいてようやく東シナ海大陸棚に中間線を引いたが、その後中国の海洋調査船は、わが国の奄美大島から尖閣諸島にかけての日本側海域で、さらには沖縄本島と宮古島の間を通って太平洋に至る海域で、わが国の海上保安庁の巡視船の警告を無視して、海洋調査を繰り返しているってことは、中国は大嘘つき野郎だってことだ。
 なるほど、弱気な態度を見せつつ話し合いを引き延ばし、その間に既成事実を作ってしまおう、って魂胆だ。東シナ海のガス田開発権付与 中国「把握していない」 政府、さらなる調査要求へなんてのは生ぬるい。中国が本当のデータを提出するとでもおもってるのかね。日本でも自分で調査して採掘すべきだ。そしてこういうことに国としてお金を使うべきなんだよ。

 中国では普段から普通に「交渉」ってやつの訓練をしてるんだ。果物一つ買うにしたって交渉の訓練だしね。その代表が交渉の相手として出場してくるわけで、狐虎の威を借りることでしか交渉できない日本人には苦しい相手だけど、薮中さん、あなたはそれが仕事で給料をもらってるんだからしっかりやってくれたまえ。

興味深かったらこちらへ
元記事はここ
[PR]

by wowow_turk | 2004-10-26 17:16 | 中国のニュース


<< 新潟地震への対応      中国でも新潟地震の報道あり >>