2004年 10月 19日

Visaカードの調査:中国人がナンバー1

 以前こんなことを書いたことがあります。中国は貧富の差が大きく、また人口が異常に多いため、全国の平均値というものに意味がないことがよくあります。例えば、中国の平均収入はまだ低レベルですが、お金持ちの絶対数はかなり多いのです。
 ちょうどこれに呼応する形になるニュースがありました。まずはニュースのタイトルから
  VISA最新调查显示国人出国单笔刷卡额世界第一
 VISA最新の調査 中国人が海外でクレジットカードによる1回あたりの平均消費額は世界1
 合計ではなくて、1回あたりの平均の金額ですが、皆さん高いものを買ってるってことですね。

  平均收入并不是最高的中国人出国刷卡消费的金额竟然是全球最高的,昨天世界最大的信用卡组织VISA发布的最新调查统计不得不让人为之震惊。据了解,在去年全世界刷卡单笔交易平均消费金额前10位国家(地区)排行榜上,中国人以刷卡消费平均单笔253美元居于榜首,排名第二的西班牙人刷卡单笔消费金额为 202美元。
 平均の収入は決して高くない中国人が、海外旅行の際に使うクレジットカードの消費額はなんと世界トップだった。世界最大のクレジットカード発行者であるVISAが昨日発表したデータには驚くばかりだ。去年1年間クレジットカードを使っての1回あたりの消費額は中国人が253米ドルでトップ、2位のスペイン人の202米ドルを大きく上回った。
 253米ドルとはすごいな。しかも2位を50米ドルほどの差をつけてるとはダントツだな。標準偏差がわからないのはちょっと残念。
 ちょっと待て、この記述を見る限りでは「海外旅行」とは関係ない調査のはずだぞ。中国国内でクレジットカードを使う機会が少ないのは事実だけど、記者自身の常識を勝手に分析に反映させちゃいかんぜよ。

  据VISA国际组织中国区总经理熊安平介绍,这个调查结果并不能代表所有中国人的消费特点,因为满足“能出国”和“能刷卡”这两个条件的中国人毕竟还是少数。不过,这也从一定程度上说明,中国人出手越来越大方,中国持卡人的主要刷卡消费项目是零售购物。
 VISA国際部中国地区のCEOである熊安平さんのお話。この調査結果から中国人全体の消費傾向を推し量ることはできない。というのは「海外旅行に行けること」と「クレジットカードを持っていること」の両方の条件を満たす人はまだまだ少数だからだ。ただ中国人の羽振りがよくなってきていることは確実だとおもう。中国人がクレジットカードを使う主な用途は小売商品の購買です。
 なんだよ、熊さんも「海外旅行」の話をしてるな。それじゃその調査がどんなもんかみてみようか。调查报告和研究(調査報告と研究)有关Visa的新闻(Visaに関するニュース)をみてもそんな情報は全くない。しょうがないから本部をみようとしたら、なんと閲覧できず。中国共産党の皆さん、Visaを閲覧禁止にする理由は何ですか?アマゾンも今じゃ閲覧禁止だし、もっといえばiChatも今じゃ使えないし。あぁ、中国って不便。
 そうそう、もう少しで見逃すところだったけど、有关Visa的新闻とあるように、VISAじゃなくてVisaなんだよね。固有名詞にはもうちょっと気をつけないとだめだよ。この記事を書いた記者も、チェックしたデスクもプロ意識に欠けてるぞ。私もあわてて上のタイトルを書き直しましたよ、全くもう。

面白かったらこちらへ
元記事はここ
[PR]

by wowow_turk | 2004-10-19 17:12 | 中国のニュース


<< 日本への観光?地元で申請するように      インターネットカフェで店員が殺される >>