うねり

uneri.exblog.jp
ブログトップ
2004年 10月 13日

上海で働く外国人が増えてます

 まずは数字から
  来自上海市劳动和社会保障局外国人就业中心的最新数据表明:今年1至9月,外国人来沪就业人数呈持续增长趋势,外国人新办就业证11277份,已经超过去年全年新办就业证的数量(去年新办就业证11106份)。截至目前,在沪办理就业证的外国人累计59348人,目前实际在沪的有32955人,且高学历者达到了近九成的比例。
 上海市労働及社会保障局外国人就業センターが発表した最新のデータによると、今年の1月から9月の間に、上海で就業する外国人の数が引き続き増加の傾向を示している。就業証の申請は11277件で、去年1年間の申請件数(11106件)をすでに上回った。就業証を受け取った外国人の累積人数は59348人、そのうち現在上海に在住している人数は32955人で、高学歴の外国人が9割近くを占めている。
 高学歴ってたぶん大学以上だろうね。これは正式に申請してる人の数だから、実際はこれの数倍になる可能性があるな。

 国別の分布は
  据介绍,上述来沪就业的外国人来自102个国家,居前的分别是:日本、美国、韩国、新加坡、德国、马来西亚、加拿大、法国、澳大利亚、英国等。其中日本人占32.9%,美国人占11.6%,韩国人占8.7%。
 上海で就業している外国人は102の国から来ていて、人数が多い方から日本、アメリカ、韓国、シンガポール、ドイツ、マレーシア、カナダ、フランス、オーストラリア、イギリスとなっている。そのうち日本人が32.9%、アメリカ人が11.6%、韓国人が8.7%を占めている。
 1/3が日本人ですか。おもったより多いな。
 実は昨日散歩してたら、4人組の日本人男性(60歳前後)が道端でなにやら道に迷ってる様子だったので、話しかけたら、カラオケの店の名前と「(カラオケの住所)までお願いします」と中国語で書かれた紙を見せてきた。この人たちは上海にビジネスチャンスを求めてやってきているようだった。いずれは上海で暮らすことになるかもしれないわけだ。カラオケ楽しめましたか?

 学歴と年齢は
  同时,他们大多具有较高的学历,其中博士和博士后有2.5%;硕士有14.8%;大学有69.8%;大专有5.6%;其余7.4%。年龄50岁以上占15.7%;41-50岁占24.2%;31-40岁占37.0%;18-30岁占23.1%。
 学歴は博士2.5%、修士14.8%、学士69.8%、短大5.6%、その他7.4%で、年齢は50歳以上15.7%、41-51歳24.2%、31-40歳37.0%、18-30歳23.1%となっている。
 やっぱり大学以上が9割近くってことでした。

 みなさんがんばりましょう!

面白かったらこちらへ
元記事はここ
[PR]

by wowow_turk | 2004-10-13 17:03 | 中国のニュース


<< 日本に負けじと(?)中国でも自殺      中国から日本へ観光?まずはデポ... >>