2004年 10月 10日

書き言葉と話し言葉

 「スキル」は「技能」に、「DV」は再検討… というニュースのタイトルを見て何事かと思ったら
 官庁やマスコミで多用されている外来語の日本語への言い換えを提案している国立国語研究所の外来語委員会(委員長・甲斐睦朗同研究所長)は8日、第3回最終報告としてスキルを「技能」、マンパワーを「人的資源」とするなど32語の言い換え例を公表した。
 ということだった。

 そこで外来語委員のページを見てみると、この委員会は,公共性の高い場で使われている分かりにくい「外来語」について,言葉遣いを工夫し提案することを目的としています。との説明を見ることができた。さらに詳しい説明を知るために、国立国語研究所「外来語」委員会設立趣意書外来語・外国語の問題点をみてみると
 近年,片仮名やローマ字で書かれた目新しい外来語・外国語が,公的な役割を担う官庁の白書や広報紙,また,日々の生活と切り離すことのできない新聞・雑誌・テレビなどで数多く使われていると指摘されています。<>ところが,外来語・外国語の使用状況を見ると,読み手の分かりやすさに対する配慮よりも,書き手の使いやすさを優先しているように見受けられることがしばしばあります。
 さらに委員会の目指すところにも
 以上のような認識に立って,この委員会では,まず国の省庁の行政白書を,その後は新聞や雑誌など公共性の強いものを対象として,一般に分かりにくい外来語が使われていないか,使われていればそれに換えるべき分かりやすい言葉や表現としてどんなものがあるかを検討します。そして,それに基づいて個々の外来語に対する考え方やその言い換え例を含めた,緩やかな目安・よりどころを具体的に提案することを目指しています。
 とあることから、この委員会は書き言葉においての外来語を対象としていることがわかる。言語学を少しでもかじったことがある人なら常識だが、書き言葉と話し言葉はかなり異なるものなのだ。したがってここのところをはっきりしておく必要がある。
 したがって、「外来語」言い換え提案というのは明らかに誤りで、言い換えではなく「書き換え」と書き換えなくてはならない。

 次に利用の手引き
分かりにくい外来語とはとのサブタイトルがあり、ここに
 本提案では,分かりにくさの程度を知るための目安として,その外来語の意味が国民にどのくらい理解されているのか,すなわち語ごとの「理解度」に着目しています。国民各層に対する調査の結果から得られた理解度の数値が低ければ,その外来語は未だ定着が十分ではないと考えます。
 とあるので、この理解度についての説明をみてみると
 理解度は外来語の上に,国民各層に対する調査の結果に基づいて,語の理解度の段階を示す。
 とある。

 ではその調査とはいかなる方法をもってして実施されたのか見てみよう
 外来語定着度調査の詳細のページにその方法が詳しく書かれている。三つの調査に分けて行われたが、そのうちのA調査とB調査では
 あなたは、ここにあげた(1)から(30)の言葉を、聞いたこと、また見たことがありますか。
 と質問している。この書き方からすると、(1)から(30)まで言葉(単語)が列挙されていると思われる。
 そしてC調査では
 あなたは、コンピューターに関する言葉で、「ソフト」という言葉を聞いたこと、または見たことがありますか。
 と質問している。ということは、口頭で質問しているようだ。

 この委員会が対象としているのは、まず国の省庁の行政白書を,その後は新聞や雑誌など公共性の強いものであり、そこでは複数の言葉から一つの文が構成されている。したがって文脈の中に現れた言葉、ここでは外来語を調査すべきだ。言葉の列挙ではわかるものもわからなくなる。
 この文章を書いている画面の上部にブログ便利ツールというリンクがある。普段から普通に使う言葉だが、このツールというのを眺めていたら、何のことか急にわからなくなった。頭をひと振りふた振りして、あ、ツールだよ、英語のtoolだよ、とわれに返った。これは漢字やひらがなでも起こりうる現象だ。
 次に口頭で質問するのはこの委員会の主旨から見て間違っている。読み手の分かりやすさに対する配慮よりも,書き手の使いやすさを優先していると批判しているのだから、読み手の立場から調査すべきで、聞き手の立場に立っても仕方がないだろう。

 言葉に関する調査や研究は、言語学の基礎さえも知らない人たちによって執り行われることが多い、という印象があるが、マスコミなんかは調査はおろか報道にでさえそれが如実に現れる。この委員会はまさかそのようなことはないはずだが。

 国立国語研究所「外来語」委員会委員名簿を見ると、大学長をはじめとする立派な肩書きが並んでいる。

面白かったらこちらへ
[PR]

by wowow_turk | 2004-10-10 16:39 | つらつらと


<< 上海の子供も大変です      整形手術の光と影 >>