うねり

uneri.exblog.jp
ブログトップ
2004年 10月 09日

整形手術の光と影

 さて何が起こったのでしょう
  由于对整容效果不满意,一名40岁女子爬上第九人民医院的门诊大楼楼顶,一脚跨出楼外,作势欲跳。10月7日下午2时半,该女子的举动引来众多行人围观。
 整形手術の結果に満足できず、40歳の女性が第九人民病院の外来病棟の屋上に登り、手すりを乗り越え、そこから飛び降りようとしていた。10月7日午後2時半、この女性の行為が多くの歩行者の注意を引いた。
 整形手術ですか。手術後はかなり痛いそうですが、飛び降りたらもっと痛いと思う。

 野次馬さんからことのなり行きを聞いてみましょう
  一名围观者告诉记者,该女子脸上戴着面罩。中午11点左右就在医院里闹,还反复看着从手机内翻出的自己以前相片。下午2时许她爬上8楼楼顶,口中不停念叨着“比以前还难看”之类的话。僵持10来分钟后,警察将她救了下来。
 野次馬の一人が記者に伝えたところによると、この女性は顔にマスクをしていた。11時ごろ病院の中で暴れていて、携帯に保存してある手術前の写真を何度も繰り返し見ていた。午後2時ごろ、彼女は8階建ての屋上に登り、「前よりブスになった」などとぶつぶつ言い続けていた。10分ほどこう着状態が続いたが、ついに警察に保護された。
 警察の皆様、ご苦労様です。

 この女性が騒ぎを起こしたのはなぜか?
  记者了解到,该女子想修缮面部轮廓,9月17日在九院进行下颌骨有关手术,9月25日出院。但日前她突然从外地赶到上海,表示对整容结果不满意。由于当时其主治医生在韩国出差,医院让其等几天,她便爬上楼顶欲轻生。
 記者の聞き込みで分かったことは、この女性は顔の輪郭を整形するため、9月17日に整形手術を行い、9月25日に退院した。しかし突然上海に戻り、整形の結果に納得できないと言い出した。彼女を担当した医師が韓国へ出張していたため、病院側は医師の帰りを待つように説得したが、彼女は屋上に登り、自殺を図った。
 なるほど、整形はやっぱり韓国が最先端なんでしょうね。昨日もタクシーの中で韓国からやってきて開業している整形病院の広告を見ましたよ。

 病院側の言い分も聞いてみましょう
  九院整形外科副主任孙宝珊告诉记者,一般整容后都有一个月的肿胀期,三个月后才能彻底消肿,而她出院不过十余天,加上病人年龄偏大,肿胀属于正常反应。他们希望病人去做医疗鉴定,通过法律途径解决。
 第九病院整形外科の副主任である孫さんの話。一般的に言って、手術から約1ヶ月は腫れがひどく、3ヶ月後にようやく腫れが完全に退く。彼女は退院から10数日しかたっておらず、また年齢的にも若くないことから、腫れることには何の異常もない。医療鑑定を行い、法律で解決することを望む。
 せっかちはいけないってことですね。

 整形手術をすれば以前よりきれいになれるんだから、おおらかに気を長くして待ちましょう。いや、自分は痛いのが嫌いだからやりませんけどね。

面白かったらこちらへ
元記事はここ
[PR]

by wowow_turk | 2004-10-09 16:37 | 中国のニュース


<< 台湾で宝探しはいかが?      トラックバックをどんどん使いましょう >>