うねり

uneri.exblog.jp
ブログトップ
2004年 10月 07日

台湾初の金メダル獲得者

 テコンドー選手の陳詩欣選手が台湾初のオリンピックメダリストとしての栄光を勝ち取ったんですが、彼女は檳榔西施をやってたことがあるんです。台湾人なら知らない人はいないくらい有名な話なんですが。
 檳榔西施ってなに?というひとは台湾 現地採用滞在記などを参照してくれればいいんですけど、要は下のような格好をして、別名台湾ガムとよばれる檳榔なるものを売ってる女のこのことです(この写真はかなりおとなしいということを覚えておきましょう)。


 今日は道端でたまたま「台湾檳榔」の看板を見かけたので、陳詩欣選手のニュースを探してみました。

 まずはニュースのタイトルをどうぞ
  當檳榔西施、擺地攤讓我想更多 造就今天的金牌
 檳榔西施になったり、路上で風呂敷一つの商売をやったりしたときに、いろいろ考えたことが、今日の金メダルにつながった
 ほほぅ、いい話じゃのぅ。

 ではラジオの番組での発言をば
  對於過去曾經賣過檳榔、擺過地攤,陳詩欣表示,她並不後悔,那是一段歷練,如果沒有那段經歷,就不會有今天的她,「那三年,讓我更懂得想事情。」
 檳榔西施になったり、路上で風呂敷一つの商売をやったりしたことは後悔してない。あれは人生における鍛錬の時期で、あれがなかったら今日の私はない。「あの3年間で思考することを身に付けました」。
 ふむふむ。人生は谷あり山ありってことですな。

 でもなんでまた檳榔西施なんかやってたんだ?
  離開家的那段時間,曾經當過檳榔西施的陳詩欣說,西施不一定代表要穿的很清涼,她覺得那是靠正當手段賺錢,所以她也是很有尊嚴的在賣檳榔,「尤其我的個性比較強,所以不可能露給人家看。」
 家出をしていたときに檳榔西施を経験した陳詩欣は、檳榔西施は必ずしも涼しげな服装をしなければならないわけではなく、まっとうな商売だと考え、尊厳を持って檳榔を売っていたという。「私はきつい性格だから、お色気で売ろうなんてこれっぽっちも思ってなかったわよ」。
 あぁ、家出してたんだ。でもはっきり言ってそれじゃあんまり売れなかったと思うよ。

 いまさら、ですが

陳詩欣さん、金メダルおめでとう!

面白かったらこちらへ
元記事はここ
[PR]

by wowow_turk | 2004-10-07 16:35 | 中国のニュース


<< 声が変わって楽しいな♪      ホテルの料金計算方法はおかしいぞ >>