2004年 10月 07日

ホテルの料金計算方法はおかしいぞ

 まずはニュースのサブタイトルから
  国庆假期有关酒店住宿结账时间投诉增多 消委会认为这一“行规”做法不合理
 国慶節の休暇中にホテルの料金計算方式に関する抗議が増加 消費者委員会もこの「業界の決まり」はおかしいとの判断を示す

 これだけじゃ何のことかわからないって?それはごもっともなご意見で。では要約されている部分を読んでみましょう
  十一黄金周其间不少的市民选择出外旅游,住宿自然就成了首当其冲的问题,不少宾馆甚至一些大型宾馆都要求,不论顾客什么时候下榻,结账时间都同意到中午 12点。昨日,记者从广州市消费者委员会的有关专家处获悉,这种做法是非常不合理的,宾馆住宿一天的时间应为24小时,消费者有权要求按照实际的消费时间结账。
 10月1日からのゴールデンウィークを利用して旅行に出る人が多く、この期間中には宿泊の問題がクローズアップされる。多くの旅館やホテルではチェックインした時間に関係なく、正午に1日分の料金が加算される。記者が昨日広州市消費者委員会から伝えられた内容によると、このような計算方式は不合理で、ホテルの宿泊時間は24時間であるべきなので、宿泊客は実際に宿泊した時間によって料金を計算する権利を有するそうだ。
 改めて言われてみると、まったく理にかなってる。正午にチェックアウトしろってのは、確かにホテル側の都合でしかないな。

 実際に起きた内容を一つだけ見てみると
  从上海来的王小姐来广州旅游,因为当天飞机晚点,王小姐到达时已经快晚上11点,匆忙之中找
到一家名为椰×宾馆住下,结果第二天中午的时候,宾馆打电话通知王小姐要结账,因为王小姐已经住够一天了。王小姐算了一下,从自己登记到入住,还不到10个小时,酒店竟然要收一天的钱,她觉得很不合理。酒店的经理表示,虽然王小姐住的时间不到半天,但是按照酒店的行规,都是第二天12点之前结账,都是算作一天的价格,这是酒店业的行规。

 上海の王さんは広州に旅行のためやってきた。当日の飛行機は予定時刻より遅れ、到着したのはすでに夜の11時近くだったため、あわてて椰某賓館というホテルを見つけチェックインした。次の日の正午にホテル側から1日分の料金を支払うよう求める電話がかかってきた。チェックインからまだ10時間もたっていないのに1日分の料金を取られるのはおかしいと感じた。ホテルのマネジャーは、王さんが泊まっている時間は半日にも満たないが、これはホテル業界の決まりで、次の日の正午までの料金は全て1日分として計算されると説明した。
 確かにそうなってますね。

 最後に消費者委員会からの意見を聞いてみましょう
  广州市消费者委员会的有关人士认为:目前有关酒店次日12点收一天的住房费的投诉非常普遍,但是酒店行业都默认此为行规,但是按照国家有关规定,住宿一天的时间应该为24小时,酒店的这种做法显然是不合理的。消法有规定,经营者不得利用行业规则、惯例、店规、内部规定、格式合同限制消费者合法权益。12点结账这种做法不合理。
 広州市消費者委員会のメンバーによれば、ホテルが次の日の正午に1日分の料金を課していることに関しての抗議の声があちこちで聞かれるが、ホテル業界ではこの計算方式を黙認している。ただし、国の規定によると、宿泊の1日は24時間であるため、ホテル業界のやり方は不合理だ。消費者法は、経営者が業界の規則、慣例、店の規則、内部規則、契約により消費者の合法的な権益を制限することを禁止している。正午に1日分の料金を請求するのは不合理だ。
 おっしゃることはごもっともなんですが、広州市消費者委員会でなにか行動を起こしてください。

面白かったらこちらへ
元記事はここ
[PR]

by wowow_turk | 2004-10-07 16:31 | 中国のニュース


<< 台湾初の金メダル獲得者      サボテン >>